FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.07.18 (Fri)

仁木町

 昨日、仁木町の葡萄農園で「摘芯」を体験した。果物を育てる苦労を実感。今度葡萄を食べる時は感謝しつつ食べよう。

200807171329000.jpg

ToeBrights(トゥ・ブライツ) トゥ・リング ぶどう TB-53ToeBrights(トゥ・ブライツ) トゥ・リング ぶどう TB-53
()
不明

商品詳細を見る
19:03  |  他の世界  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.16 (Wed)

練習日の出来事 ~蜂~

 練習の後のT店で、西洋大丸花蜂(セイヨウオオマルハナバチ)が話題になった。初めて聞く蜂の名前だった。話題の提供者は何故か虫に詳しいJ女史だ。外来種の西洋大丸花蜂が日本に来た目的や問題点をいろいろJ女史は教えてくれた。
 後日、インターネットで検索すると373件ヒットした。蜂の画像とともに、駆除の認定証や腕章などの画像も出て来た。知らないところで、いろいろなことが行われているらしい。

蜂-BARBEE BOYS Complete Single Collection-蜂-BARBEE BOYS Complete Single Collection-
(2007/04/25)
バービーボーイズ

商品詳細を見る
19:55  |  他の世界  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.14 (Mon)

ダンゴムシ

 J女史が約束通りダンゴムシを持ってきた。T店についてからダンゴムシの約束を思い出した。OB会の練習の直前は、楽譜の準備やスコアのチェックなどで音楽で頭がいっぱいだった。
 ダンゴムシは薔薇の花弁に包まれて運ばれてきた。考えてみると、生まれて初めてダンゴムシに触ったことになる。意外と平気だった。

だんごむしうみへいくだんごむしうみへいく
(2001/08)
松岡 達英

商品詳細を見る
22:06  |  他の世界  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.03 (Thu)

蜃気楼

 昨日の不可思議な体験を何人かに話した。
「蜃気楼じゃないですか。」
「目の錯覚ですよ。」
「………。」
「疲れすぎですね。」
 せめて、「20秒後の自分の姿を見たんじゃないですか。」ぐらいのコメントは欲しかった。

『炎の蜃気楼(ミラージュ)』紀行―トラベル・エッセイ・コレクション (コバルト文庫)『炎の蜃気楼(ミラージュ)』紀行―トラベル・エッセイ・コレクション (コバルト文庫)
(1994/03)
桑原 水菜

商品詳細を見る
22:09  |  他の世界  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.02 (Wed)

不可思議

 午前8時45分。いい天気だった。
 私は建物Pに向かっていた。この建物には朝から2人の人物が来て、出て行ったはずだ。
 小さな坂を上ったところに両開きで曇りガラスの玄関が見える。見た瞬間、ドアがピシっと閉まった気がした。そして、左の方へ歩いて行く人の姿が曇りガラスを通して見えた。黒の上下の服を着た男性のようだった。
「先を越されたようだな。」
 見えた男性はこの時間帯に来るはずのY氏だと思った。
 しかし、室内には誰もいなかった。Y氏は私が着いてから20分後に来た。
 先は越されていなかった。たしかに私がこの時間帯では最初に室内に入ったのだ。
 あの黒い人影は何だったのだろうかと考えた。見えたことは事実だが、真実ではなかったかもしれない。

明治不可思議堂明治不可思議堂
(1995/03)
横田 順弥

商品詳細を見る
21:32  |  他の世界  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
アフィリエイト 消費者金融