2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.28 (Sun)

開会 [札幌市民芸術祭大賞 6]

 本鈴が鳴り、緞帳が上がった。
 何とも晴れがましい舞台の光景だった。
 ステージ上には、受賞者、審査員、来賓の方々が並んでいる。
 金屏風、明るい青色のバックライト、そして、白い美しい花。
 T会長は最前列の一番上手側に座っている。
 ここからの時間帯は、普段は携帯電話での写真撮影は無理である。シャッター音が大きすぎる。
 しかし、今回は鳴り響く拍手の中で撮影することができた。
 心の中で拍手を贈り、シャッターを切った。

201003141401000b.jpg

ドビュッシー:映像・版画・喜びの島(紙ジャケット仕様)ドビュッシー:映像・版画・喜びの島(紙ジャケット仕様)
(2006/06/21)
高橋悠治

商品詳細を見る
スポンサーサイト
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

このステージを見るのは、たぶん貴重な体験だったのでしょうね。
この頃私は、バスに揺られていました。
poetmando |  2010.03.28(日) 10:37 |  URL |  【コメント編集】

自分に関係ない式典ほど退屈なものはありませんが、この場合は当事者なので、さぞかし華々しい思いを体験できたことでしょう。
きりまる |  2010.03.28(日) 11:20 |  URL |  【コメント編集】

■poetmandoさんへ

 この式を見ることは、おそらく一生に1度でしょうね。e-454
Holmes |  2010.03.28(日) 11:30 |  URL |  【コメント編集】

■きりまるさんへ

 「華々しい」というよりも、不思議な感覚でした。これまでに経験がなく、これからも経験できないでしょうね。e-348
Holmes |  2010.03.28(日) 11:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://31043104s.blog27.fc2.com/tb.php/858-72003deb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
アフィリエイト 消費者金融
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。