2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.13 (Sat)

シリウスへの帰還(A.C.ミゲール) [マンドリン音楽祭3]

 マンドリン独奏とギター伴奏の曲が始まった。
 2台の楽器が、音楽に深みを与えていた。軽快なメロディーを安定した音で奏でていく。
 小気味いい演奏だった。

【解説】
 A.C.ミゲール(1956~:M.トレスターの別名)が、妻と自分のマンドリンとギターのデュオ(デュオ・カプリチオーソ)のため作曲した作品です。「シリウス」は地球から約9光年離れたおおいぬ座のα星で、恒星の中で最も輝いて見える星。巨大な宇宙船でシリウス星へ帰るという、現実的ではない宇宙の空想の世界を描写した曲ですので、イメージを膨らませてお聴き下さい。最初は出発する時の緊張、喜び、中間部ではハーモニクス奏法などの特殊奏法や複雑な旋律の絡み合いで、宇宙船内の無重力状態の不安定さを表現しています。そして最後は困難を乗り越え、ようやく帰還する喜びが壮大に描かれています。
 後に自身でマンドリン合奏へと編曲しており、日本でも各団体で演奏されています。
 

200905241319000.jpg

シューマン:謝肉祭,幻想小曲集(1962年録音)シューマン:謝肉祭,幻想小曲集(1962年録音)
(2000/10/25)
ルービンシュタイン(アルトゥール)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
07:23  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

シリウスは、太陽を除くと全天一、明るい星です。
中国名「天狼星」も、白銀の輝きにふさわしい。
シリウスを太陽として、その周りに地球のような美しい惑星があるのでしょうねv-19
きりまる |  2009.06.13(土) 07:57 |  URL |  【コメント編集】

 きっとその惑星には、マンドリンではなく、うわさの「タンドリン」が存在するのでしょうね。持つと腰を痛めてしまうタンドリンが…。
Holmes |  2009.06.13(土) 09:05 |  URL |  【コメント編集】

いや、大丈夫。重力が違うので、らくらくで~~すv-221
きりまる |  2009.06.13(土) 09:36 |  URL |  【コメント編集】

■きりまるさんへ

 なるほど、重力の違いがありましたか。ということは、後は、練習量だけですね。
Holmes |  2009.06.14(日) 13:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://31043104s.blog27.fc2.com/tb.php/520-e6b1b99e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
アフィリエイト 消費者金融
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。