FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2008.12.09 (Tue)

交響的前奏曲(U.ボッタキアリ)  [ノルディコ4]

 大好きな曲だ。大学1年の時の卒業演奏会と、4年の時の定期演奏会でセロパートとして弾いたことがある。セロの弾きがいのある曲だ。振ったことは無いので、心臓の鼓動は速くならずに純粋に鑑賞することができた。その代りに、セロ奏者として参加したい衝動にかられた。

《解説》
 ボッタキアリは1879年イタリアで生まれました。この曲は1915年に作曲された作品です。穏やかな印象的な主題が曲を通じて大きく流れます。装飾的な音符が配された凛々しい第2主題があらわれ、不安と安堵が交錯し切なさと安らぎが巡ります。重厚な和声の中に、感情を内に秘めた様々な魅力をもつ曲です。最後は、眺望の広がりをどこまでも伸びやかに力強く歌われます。


プッチーニ : 交響的前奏曲 / 交響的奇想曲プッチーニ : 交響的前奏曲 / 交響的奇想曲
(1998/06/20)
ミラノ・スカラ座フィルハーモニー管弦楽団

商品詳細を見る
スポンサーサイト



06:48  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

 何度も何度も弾いているのに、未だに音を拾おうともしない個所があります。ドラのひとなら分かるよねー、あそこだよ、あそこ。
 ごまかし方だけどんどん上手になっています。
きりまる |  2008.12.09(火) 09:20 |  URL |  【コメント編集】

■きりまるさんへ

セロが弾きごたえのある曲は、他のパートは超絶的なことをやられているのでしょうね。尊敬します。
Holmes |  2008.12.09(火) 17:00 |  URL |  【コメント編集】

 いや、♭を拾うのが嫌なだけです。 単なる怠け者です。
きりまる |  2008.12.09(火) 20:05 |  URL |  【コメント編集】

■きりまるさんへ

 なーんだ、ただの怠け者だったんですか! 生まれ変わったら、ふらっと現れるナマケモノになれればいいですね。
Holmes |  2008.12.09(火) 20:24 |  URL |  【コメント編集】

 ◎△☆*▽???
きりまる |  2008.12.10(水) 08:30 |  URL |  【コメント編集】

■きりまるさんへ

 すみません。難解すぎました。
Holmes |  2008.12.10(水) 22:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://31043104s.blog27.fc2.com/tb.php/324-ecae5718

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
アフィリエイト 消費者金融