FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.12.06 (Sat)

序曲イ短調「小さな英雄たち」(G.マネンテ)  [ノルディコ1]

 話は2008年11月15日に遡る。プレットロ・ノルディコの第14回定期演奏会を聴きに行った。

 第1部は、K.Yさんの指揮であった。
 1曲目は序曲イ短調「小さな英雄たち」。作曲者と題名から「もしかして『小英雄』のことでは!」と思ったらその通りだった。学生の時、確か4年生の夏合宿のカルテット大会で演奏したことがある。正式な演奏会でも弾いたような気がするが、有名な曲なので記憶が曖昧になってしまっている。
 自分がもっているイメージとかなり違っていた。そのずれが面白かった。

《解説》
 マネンテは1867年イタリアで生まれ、幼い頃から音楽を好み軍隊楽に入隊し、戦争にも参加しました。この曲は祖国を守る若い人たちのために作曲したと言われています。不安な戦争も、一歩ずつ前進して行こうと、祖国の若い小さな英雄たちはこの曲を聴いて味方の士気を鼓舞したそうです。


きりまるさんのブログから画像を拝借しました。開場前の様子です。photo[1]

マンドリン小品集マンドリン小品集
(2007/01/01)
渡辺 鉄雄

商品詳細を見る
スポンサーサイト



02:44  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

 こりゃまた。私にとっては3光年くらい昔の話だなぁ。
 小英雄は速かった。3連符なんて、入らない。なのにメロディーはトレモロである。「マンドリン弾き」じゃないと、置いていかれる。でも、そんな筋肉はない!
きりまる |  2008.12.06(土) 08:35 |  URL |  【コメント編集】

■きりまるさんへ

 実際には練習日の翌日の話なので、遠い昔の感がありますね。そのうち、「こんな曲は弾いた記憶がない」→「演奏会など開かれていない」→「ドラって何だっけ?」というように記憶が消滅しないことを祈ります。
Holmes |  2008.12.06(土) 09:33 |  URL |  【コメント編集】

最近、時間の感覚がおかしい。
1ヶ月というのはあっという間なのに記憶としては遠い昔。
あれ?時間の感覚ではなく記憶がおかしいのか(笑)
poetmando |  2008.12.06(土) 19:45 |  URL |  【コメント編集】

■poetmandoさんへ

 今回の「練習日」シリーズは、60分の1のスピードで進んでいくので、錯覚が起るのでしょう。頭を混乱させたい人は、このブログを見るといいですね。(ただし、OFF会に参加しなければ、錯覚は起きません。)
Holmes |  2008.12.06(土) 20:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://31043104s.blog27.fc2.com/tb.php/321-801c910c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
アフィリエイト 消費者金融