2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.28 (Mon)

つぼパー [2月の練習日 17]

 練習が終わり、つぼパーへ。
 今日のメンバーは、J女史、N氏、ぴよさん、私の4人である。

201102121717001.jpg

 通されたのは初めて入る部屋だった。
 うっかりすると迷いそうだ。
 さらに楽器を弾いて遊ぶには狭い。(セロの話であるが…)

201102121719001.jpg


トーマス・ハンプソンの魅力トーマス・ハンプソンの魅力
(2003/11/06)
ハンプソン(トーマス)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
00:04  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.27 (Sun)

卒業演奏会とマンドリン音楽祭 [2月の練習日 16]

 連絡の時間になった。
 卒業演奏会とマンドリン音楽祭の連絡があった。

【卒業演奏会】
 期日   3月20日(日)
      13時開館、13時半開演
 場所   円山会館

【マンドリン音楽祭】
 期日   5月22日(日)
 練習日  4月:3回  5月:2回
 練習場所 北・東区民センター
 練習時刻 15:00~17:00
 曲目   受難のミサ、ボルガ・パラフレーズ、ウクライナの思い出、幼き日の思い出

201102121319000.jpg


J.S.バッハ&C.P.E.バッハ:オーボエ作品集J.S.バッハ&C.P.E.バッハ:オーボエ作品集
(2010/12/24)
青山聖樹、小倉貴久子 他

商品詳細を見る
04:45  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.26 (Sat)

アンコール曲 [2月の練習日 15]

 第3部の3曲の練習の後、アンコール曲が配られた。
 マーチである。

・RETOUR D' ORIENT(東洋からの帰還)Marche Brillante (Pierre MIRETTI)

 初見であったが、明るく楽しい曲であることは感じた。
 ちなみにアンコール曲は、1曲になるか2曲になるかは微妙な言い回しだった。
 他にも曲だしがあるかもしれない。
 初見演奏でなけれなよいが……。
 私は、初見に弱い。

201102130800000.jpg


スカルラッティ:ピアノ・ソナタ集[13曲](再プレス)スカルラッティ:ピアノ・ソナタ集[13曲](再プレス)
(2008/01/31)
ケフェレック(アンヌ)

商品詳細を見る
00:17  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.25 (Fri)

第3部 [2月の練習日 14]

 第3部の練習が始まった。
 T先生から、時間の関係で、「Adagio e Rondo(Carlo Munier)」を引っ込めることが告げられた。

・Cujus Animam(作曲 G.Rossini/編曲 G.Bellenghi)
・ロマンス 嬰へ短調〔ROMANZE in FISS-MOLL〕(H.Hungerland(op20))
・Dante e Beatrice(C.Graziani Walter)


 1曲減ると、練習にも何となく余裕がある錯覚に陥る。

 演奏者は、いつの間には増えていた。
  1stマンドリン  5名
  2ndマンドリン  7名
  マンドラ      6名
  ギター       6名
  マンドセロ     2名
  マンドローネ    1名
  ベース       2名

201102121535000.jpg


Resonet in LaudibusResonet in Laudibus
(2010/04/19)
The & Marius Plaxtol Scholars

商品詳細を見る
06:58  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.24 (Thu)

休憩時間 [2月の練習日 13]

 休憩時間。
 XさんからOB・OG会の名簿をいただいた。
 2週間前の第4土曜日の練習会の時に、「もし必要なら…」と声をかけていただいたのだった。
 だいぶ以前に名簿をいただいたことはあったが、久しぶりに名簿を見た。

 今回の休憩時間は缶コーヒーは我慢して、ミネラルウォーターを買った。
 後で飲むことになるだろう。

201102130801000.jpg


モーツァルト:歌劇「魔笛」(全曲)モーツァルト:歌劇「魔笛」(全曲)
(2006/06/21)
アーノンクール(ニコラウス)、グルベローバ(エディタ) 他

商品詳細を見る
00:21  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.23 (Wed)

第2部 [2月の練習日 12]

 第2部の練習。
 今日は、薄いピックのみを使ってみた。
 後から、ピックのノイズについてJ女史から指摘された。
 ピックの選択は難しい。

・ジャマイカン・ルンバ(A.Benjamin) 
・You Raise Me Up(Secret Garden/編曲 S.S)
・草原情歌~賽馬(作曲 王 洛賓・黄 海懐/編曲 たかしま あきひこ)
・アメリカ〔America-West Side Story〕(作曲 L.Bernstein / 編曲 小穴雄一)
・オペラ座の怪人1、2(作曲 A.L.Webber、M.Batt、R.Stilgoe/編曲 武藤理恵)


201102121526000.jpg


ワーグナー:楽劇「ニーベルングの指環」~オーケストラル・ハイライツワーグナー:楽劇「ニーベルングの指環」~オーケストラル・ハイライツ
(2003/06/25)
ショルティ(サー・ゲオルグ)

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.22 (Tue)

第1部 [2月の練習日 11]

 練習開始。
 初めての人も結構いたので、指慣らしに「San Giusto Ouverture」から始めた。

 続いて、初めて指揮を振る「”荒城の月”を主題とせる二つのマンドリンの為の変奏曲」。
 途中のAndanteの部分がアレグロっぽくなってしまった。そこの部分は修正した。いつもとテンポが違うとオケ全体から「弾きづらい……」というオーラを感じる。
 「亡命者」は、いつも合うところが合わなかったりしたが、全体的には「曲」として固まってきている感じがした。
 残念ながら指揮者(自分)は、少しボーっとしていた。
 風邪薬のせいにしてはいけないが……。

・San Giusto Ouverture(J.Bittelli)
・”荒城の月”を主題とせる二つのマンドリンの為の変奏曲 (作曲 滝 廉太郎/編曲 服部 正) 
・L’esule,melodia〔亡命者〕(C.Graziani Walter)


201102121309001.jpg


classical ever!oneclassical ever!one
(1999/06/23)
オムニバス(クラシック)、ヘンドリックス(バーバラ) 他

商品詳細を見る
06:48  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.21 (Mon)

昼食後の風邪薬 [2月の練習日 10]

 朝食後に薬を飲んでから4時間以上たったので、風邪薬を再び飲んだ。
 喉に嫌な予感がある。
 薬を飲むとぼんやりしてしまうが、背に腹は代えられない。

201102121256000.jpg


B.O. Hooked on ClassicsB.O. Hooked on Classics
(2008/01/13)
Hooked on Classics 5

商品詳細を見る
00:30  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.20 (Sun)

指揮者打合せ [2月の練習日 9]

 開始直前。
 指揮者3人で打合せ。
 ギターのソリストのI氏は、今日は仕事の関係で参加できない旨の電話がT先生のところに来たそうだ。
 そして、時間の関係で1曲減らさなければならないことと、その曲を第3部の曲にすることが告げられた。

 今日も「さくらを主題とするギターとマンドリンオーケストラのための変奏曲 op.14(松本 譲)」の練習ができない。大丈夫だろうか、私は。

201102121227000.jpg


4 x 44 x 4
(1993/12/07)
American Horn Quartet

商品詳細を見る
12:50  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.19 (Sat)

同期3人参加 [2月の練習日 8]

 前回、同期の2人が見学に来ていたが、今日は弾きに同期の3人が参加した。
 マンドリンパートだったMさん、Fさん、Aさんである。
 Fさんは学生時代に買ったマンドリンを売ってしまったので、Kさんが貸してくれることになった。
 「覚えていますか?」とAさん。
 大丈夫、まだ覚えていた。

201102121318000.jpg


Bach Cello SuitesBach Cello Suites
(2011/02/22)
J.S. Bach、Ovidiu Marinescu 他

商品詳細を見る
11:17  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.18 (Fri)

tuttiのCD [2月の練習日 7]

 練習開始前、N氏と廊下の椅子に座っていると、J女史が到着。
 バレンタインデーのチョコレートと、tuttiの演奏会のCDをいただく。
 チョコレートは寝酒のバーボンと共に食べよう。
 tuttiのCDは、寝る前に聴こう。
 「どうせ、記憶をなくすんだよ。」
 その可能性は高い。
 「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」の楽譜ももらった。これは、サウンド8用である。

201102130051000.jpg


バッハ:ヨハネ受難曲バッハ:ヨハネ受難曲
(2007/10/10)
ロッチェ(ハンス・ヨアヒム)、ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団 他

商品詳細を見る
06:48  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.17 (Thu)

セロのパートソロ4小節 [2月の練習日 6]

 N氏が調弦を終えるのを見計らって、声をかけた。
 「さくらを主題とするギターとマンドリンオーケストラのための変奏曲 op.14」の中で、セロだけが弾く部分が2小節、メロディーラインが更に2小節。合計4小節をN氏に第1部のドラトップとしてお願いした。
 これは、しばらくの間、第1部の練習の時にセロがいなくなることを想定してのお願いだった。
 本番のステージでは4人ぐらいセロは揃うと思われるが、練習ではなかなかそうもいかないであろう。

201102121321000.jpg


KremerlandKremerland
(2004/10/12)
Alexander Bakshi、 他

商品詳細を見る
06:45  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.16 (Wed)

セッティング [2月の練習日 5]

 Hさんが、椅子を並べ始めた。
 私は、ポンプ室から譜面台を足台のケースをホールに運び入れた。
 間もなく、ベースのFさんも到着。

 セッティングが終わった。
 調弦をして、指ら慣らしにバッハの曲をpの音量で弾いた。
 それが終わった頃に、ドラのN氏が到着。
 「元気?」
 「風邪ひいた。」

201102121225000.jpg


A Celtic Symphony; The Witch of Atlas; The Sea Reivers; A Hebridean SymphonyA Celtic Symphony; The Witch of Atlas; The Sea Reivers; A Hebridean Symphony
(1993/03/10)
Royal Philharmonic Orchestra

商品詳細を見る
01:14  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.16 (Wed)

ホットコーヒー [2月の練習日 4]

 12時には、練習スタジオの前のソファに座っていた。
 空気は冷たかったが、心地よかった。

 自動販売機で缶コーヒーを購入。
 本当は冷たいものが欲しかったが、全てホットだった。

 間もなく、ローネのHさんも到着。

 「もう入っていいですよ」と、受付のお兄さんが声をかけてくれた。 

201102121204000.jpg


マーラー:交響曲第2番マーラー:交響曲第2番
(2004/11/17)
小澤征爾、菅英三子 他

商品詳細を見る
00:36  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.15 (Tue)

キーマカレー [2月の練習日 3]

 キーマカレーを食す。
 辛い。
 美味い。

201102121139000.jpg

 食べ終わることには、汗がにじみ出していた。
 今日、カレーをチョイスしたのは、風邪を払うことも意図していた。

201102121144000.jpg

 胃には堪えた。
 食べ終わったら、少しぐったりした。

201102121139001.jpg


Bach, W.F: Organ WorksBach, W.F: Organ Works
(2011/02/22)
W.F Bach、Julia Brown 他

商品詳細を見る
07:24  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.14 (Mon)

レッドチリ [2月の練習日 2]

 地下鉄28丁目駅からGクレフへ向かう。
 時刻は11時半を回っていた。
 昼食は1階の店でカレーを食べようと考えていた。

201102121134000.jpg

 レッドチリに入る。
 11時半開店なので、私が口開けであった。
 キーマカレー(激辛)を注文。

201102121140000.jpg

 いつもは、地下鉄を降りたところにある蕎麦屋に入るのだが、体調がいい時はレッドチリで食べたくなる。

201102121138000.jpg

Musica Sacra 1000 Years of SaMusica Sacra 1000 Years of Sa
(2006/04/04)
Various

商品詳細を見る
06:35  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.13 (Sun)

風邪 [2月の練習日 1]

 この話は、2月12日(土)の話である。
 この日は、2月のマンドリンクラブOB・OG会の練習日であった。

 朝から、左肩と喉が痛い。
 とりあえず、風邪薬を飲んだ。

 施設Iへ行く用事があったので、体調の悪さを考慮してタクシーと地下鉄を使って移動した。

201102120927000.jpg

201102120927001.jpg


Symphony 3Symphony 3
(1996/02/13)
Chicago Symphony Orchestra

商品詳細を見る
10:25  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
アフィリエイト 消費者金融
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。