2010年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.30 (Fri)

また次の機会に [卒業演奏会 13] 《Fine》

 Dさんの挨拶と乾杯の音頭で打ち上げが始まった。
 Dさんの発案で、卒業演奏会にOB・OGが賛助する話が始まったことも分かった。
 形はどうあれ、演奏する場があるということは幸せなことである。
 現役の部長Sさんたちが各席にお礼に回っている。Sさんが、曲の解説をネットで探していて、偶然私のブログを訪問した話も聞いた。OB・OGに賛助を頼むことで、プレッシャーも気遣いも大変だったであろう。(お疲れ様でした。)
 1次会が終わり、2次会に行く大きな流れもできたが、私は、明日の仕事のことを考えて自重した。楽しみは、また次の機会にとっておこう。  (了) 

201002281916001.jpg 201002282044001.jpg

ベルリオーズ:幻想交響曲ベルリオーズ:幻想交響曲
(2007/02/21)
ショルティ(サー・ゲオルグ)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
00:04  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.29 (Thu)

麻生3丁目 [卒業演奏会 12]

 会場の「山の猿」へ向かって歩いていると現役のX君が道で待っていた。
 「会場が変更になりました!」
 演奏会場でもらった打ち上げ会場に、「麻生3丁目」と書いてあったのは住所ではなくて、店名であった。
 X君の道案内で、我々5名は会場に向かった。
 会場は、すでに8割ほど集まっていた。
 演奏会後の打ち上げはいいものである。満足感と解放感に満ちている。

201002282046000.jpg

シェーンベルク:浄夜シェーンベルク:浄夜
(2007/02/28)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 カラヤン(ヘルベルト・フォン)

商品詳細を見る
07:47  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.28 (Wed)

0次会 [卒業演奏会 11]

 会場を出たが、打ち上げの時間まで2時間以上ある。
 車で来ていた私は、J女史とぴよさんを麻生の高田屋まで送って、自宅へ一度戻った。
 その後、高田屋へ向かった。
 「女性が二人、先に来てるはずですが…。」
 「あっ、楽器を持った方ですか?」
 「そうです!」
 無事に合流し、0次会は高田屋で1時間ほど過ごした。ぴよさんが録音した今日の演奏を聞きながら、2杯ほど飲んだ。残念なことに、電池切れで「もののけ姫メドレー」は、いいところで録音が切れてしまっていた。
 N氏とI氏は道を挟んだ焼き鳥屋で飲んでいた。メールで打ち合わせて、0次会を終了し、1次会の会場へ移動することにした。

201002281707000.jpg 201002281810001.jpg

サウンズ・オブ・サイエンスサウンズ・オブ・サイエンス
(1999/11/17)
ビースティ・ボーイズ

商品詳細を見る
00:06  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.27 (Tue)

記念品 [卒業演奏会 10]

 部長Saさんの挨拶。卒部するSiさんへの花束贈呈の後、礼奏と郷愁を演奏した。

  ラバースコンチェルト(礼奏)
  郷愁


 ステージを下りて、後片付けを済ませた。その時点で、迷っていた打ち上げに参加することにした。やはり演奏会の後の打ち上げは必要だった。自分にとって。
 録音・撮影をしてくれていたKさんの声かけで、記念写真をとることになった。ステージを使って撮影後、卒部するSiさんから後輩たちに卒部の記念品の目録贈呈があった。片づけの最中だったので、それを目撃できた人は少数であったと思われる。(ちなみに記念品は、スキャナープリンターだったそうです。)

201002281150002.jpg

ラヴァーズ・コンチェルトラヴァーズ・コンチェルト
(2005/03/02)
サラ・ヴォーン

商品詳細を見る
00:08  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.26 (Mon)

第3部 [卒業演奏会 9]

 第3部が始まった。現役とOB・OGとの合同ステージである。

   君をのせて
   もののけ姫メドレー


 20人以上がステージに乗っている。指揮者がいないのが不自然な感じである。
 ステージ上の温度のせいなのか、セロの音がいつもと違う。
 後ろのセロの位置からは演奏の出来は正確には分からないが、演奏は上出来であったと感じた。
 現役部長のSさんがOB・OG会の練習日で賛助のお願いをした勇気が実を結んだ。

201002281236000.jpg

チェコ・フィルプレイズ スタジオジブリ交響曲集チェコ・フィルプレイズ スタジオジブリ交響曲集
(2005/11/16)
チェコ・フィルハーモニー室内管弦楽団 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

商品詳細を見る
06:12  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.25 (Sun)

幕間 [卒業演奏会 8]

 重奏の部が終わり、10分間の休憩に入った。この間に、第3部の準備を行う。
 楽器持って、幕のしまったステージに上がり、調弦を行った。
 自分の椅子をリハーサルの時よりも、そっと30cm後ろに下げて、ドラとギターの間の壁にならないようにした。やはり、セロは後ろの位置にの方がバランスがいい。その変わり、若干大きめに楽器を鳴らすことにした。
 思った通り、ステージの上は温度が高い。調弦にどう影響するだろうか…。

201002281239000.jpg

BossaNova DE GHIBLIBossaNova DE GHIBLI
(2008/02/27)
THITIKA

商品詳細を見る
00:06  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.24 (Sat)

重奏の部 [卒業演奏会 7]

 第2部の後に、「重奏の部」があった。
 現役4人での演奏である。「魔女の宅急便」など、数曲を演奏した後、卒部するドラのSさんと、ギターの若きOBとの二重奏で「時代」(中島みゆき作曲)を演奏した。
 昔、部員の数が多かった頃は、卒業学年だけで第2部を行うことができたが、部員が少なくなった今は、こういった趣向も必要だなと思いつつ、聴いていた。

201002281149001.jpg

Complete Best SelectionComplete Best Selection
(2001/12/12)
久石譲Marilyn Droman

商品詳細を見る
08:05  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.23 (Fri)

第2部 [卒業演奏会 6]

 休憩をはさんで第2部。現役のステージが続く。

   真珠採りの歌
   砂山
   祝祭日輪舞曲


 「祝祭日輪舞曲」は、OB・OG会の第6回定期演奏会の第1部1曲目で弾いた曲だ。演奏を聞きながら、少人数で演奏する独特の緊張感を感じた。大人数はピッキングを合わせる難しさがあるが、少人数だとミスタッチが許されない緊張感が伝わってくる。
 テンポの変わり目を上手く合わせていた。
 第1部と同じく安定した演奏であった。個々の技量の高さを感じた。   

201002281152002.jpg

ボッサ・シックボッサ・シック
(2003/02/26)
鈴木和郎

商品詳細を見る
06:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.22 (Thu)

第1部 [卒業演奏会 5]

 定刻にアナウンスが入り、演奏会が始まった。
 第1部は、現役のステージだった。
   
   My Old Kentucky Home
   巴旦杏の樹の下
   風笛(NHK連続テレビ小説「あすか」より)


 曲目の解説を聞いていて、入部して初めて弾く曲が、「My Old Kentucky Home」であることを知った。昔は、「郷愁」がその曲であった。
 「巴旦杏の樹の下」は、大学当時、2年先輩のSさんが指揮者選挙の時に振った曲として知っていた。その当時は、指揮者になるときに、選挙があったのだ。立候補者は1名なので、儀式的な感じであったが…。
 「風笛」は、初めて聴く曲だった。しみじみと奥の深さを感じる曲であった。
 安定した演奏だったので、曲を楽しむことができた。 

201002281149000.jpg 201002281413001.jpg

モード・パウエル:録音全集 1(1904 - 1917)モード・パウエル:録音全集 1(1904 - 1917)
(2001/11/01)
J.S.バッハ;グルック;ベリオ;ブルッフ;他

商品詳細を見る
06:22  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.21 (Wed)

緊張 [卒業演奏会 4]

 会場の室温は高めだ。
 調弦をしながら、ステージの上での音の狂いを心配した。1m高いと、その分温度も高いだろう。
 お客さんが少しずつ増えてきた。
 2年前のこの会場での演奏会を思い出した。あの日は、聴衆の一人だったが、今日は演奏も控えている。今日は、メモをとりながら現役の演奏を聴くのは無理だった。演奏が進むにつれて、自分の出番も近づいてくる。無意識に緊張していたのかもしれない。

201002281151000.jpg

ドビュッシー:ピアノ作品全集ドビュッシー:ピアノ作品全集
(2005/06/29)
ルヴィエ(ジャック)

商品詳細を見る
06:09  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.20 (Tue)

開場 [卒業演奏会 3]

 リハーサルと連絡が終了し、開演時刻まで1時間と迫った。
 現役の緊張が伝わってくる。
 昼食をとりに、J女史、N氏と3人で近くのサンドウィッチの店へ向かった。
 注文した現物を見て、N氏と私は「大きい…」と呟いた。J女史はコーヒーだけを注文した。昼食は、リハーサル前に済ませてきたとのことだった。
 時間が静かに流れていく。賛助出演だと、プレッシャーがかからないのか……。

201002281316000.jpg

 開場の時刻になった。
 「では、そろそろ…」
 会場へ戻った。

201002281153000.jpg

憂愁のノクターン憂愁のノクターン
(2000/08/23)
フジ子・ヘミング

商品詳細を見る
00:14  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.19 (Mon)

リハーサル [卒業演奏会 2]

 12時を過ぎて、現役とOB・OGで演奏する3部のステージのリハーサルが始まった。
 ステージの上は、思ったよりも温度が高い。調弦がなかなか定まらない。
 会場は体育館仕様になっているため、音がうまく響いていない感じだ。後ろを振り返ると、音を吸収する板さえ張ってある。
 客席にまわって聴いてたJ女史も、「音がはっきり聴こえてこない」と感想。
 ステージの自分の位置を若干後ろに下げ、今日使うピックを決めた。音量も普段よりも大きくするイメージをもった。O大学のセロのように弾いてみよう。

201002281144002.jpg

月の光~フランス・ピアノ名曲集月の光~フランス・ピアノ名曲集
(2003/07/23)
オムニバス(クラシック)

商品詳細を見る
00:05  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.18 (Sun)

集合 [卒業演奏会 1]

 この話は、2月28日(日)にさかのぼる。
 この日は、マンドリンクラブの現役の卒業演奏会であった。
 いつもなら聴衆として行くのだが、今回は3部のステージに賛助出演する。
 10時開始の別の用事を途中で抜け出して、車にセロと鞄を積んで会場へ向かった。
 何とか集合時刻に遅刻しないで到着できた。
 会場では、現役(と若いOB・OG)が1・2部の曲を練習していた。
 OB・OGの皆さんも、すでにたくさん集まっていた。

201002281137003.jpg

月の光 ~ドビュッシー / ピアノ名曲集月の光 ~ドビュッシー / ピアノ名曲集
(1995/07/25)
アース(モニク)

商品詳細を見る
12:09  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.17 (Sat)

郷愁(作曲 リヤドフ) [卒演前日練習日 7] 《Fine》

 この曲もかなりスローテンポである。
 集中していないと、自分が何をしているのが分からなくなりそうだ。

 全ての前日練習のメニューが終わり、現役から、これまでの練習に対してOB・OGに対して感謝の言葉があった。
 いよいよ明日は、現役たちにとって大きな演奏会である。自分も参加者ながら、成功を祈った。 (了)

gakkike-su.jpg

ラロ:スペイン交響曲ラロ:スペイン交響曲
(2006/11/08)
パールマン(イツァーク)

商品詳細を見る
00:25  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.16 (Fri)

ラバースコンチェルト(原曲 J.S.Bach/作曲 S.Linger/編曲 宮田俊一郎)  [卒演前日練習日 6]

 1回だけ通した。
 この曲が本来もっているテンポを崩すのにエネルギーが意外と必要である。

pikkuke-su.jpg

ジャズ・アンド・ザ・シティージャズ・アンド・ザ・シティー
(2005/10/26)
スィート・ボイス

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.15 (Thu)

君をのせて(作曲 久石 譲/編曲 武藤理恵) [卒演前日練習日 5]

 厚いピックと薄いピックを時々替えて弾いてみた。
 明日の演奏会は、厚い方のピックを使うことになりそうだ。
 音量を考慮しての判断である。

tyuunaa.jpg

君をのせて・・・はるか君をのせて・・・はるか
(2003/03/26)
井上あずみ

商品詳細を見る
00:02  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.14 (Wed)

休憩時間 [卒演前日練習日 4]

 1階の自動販売機で缶コーヒー(ココア入り)を買って飲んでいた。
 N氏も下りてきて自動販売機へ向かう。
 きれいな学生食堂がある。CDをオンラインで購入できる大学生協のチラシがある。
 「昔の学食とは違うね。」
 「あれはあれでよかったけどね。」
 「パソコンを持っている人なんていなかったし…」
 「携帯もなかったから、連絡がつかないことが普通だった。」
 30年前の話ではあるが…。

coffee.jpg

心のチェロ~ハート・ウォーミング・チェロ・ベスト心のチェロ~ハート・ウォーミング・チェロ・ベスト
(2009/06/24)
オムニバス(クラシック)

商品詳細を見る
06:36  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.13 (Tue)

もののけ姫メドレー(作曲 久石 譲 / 編曲 J.K) [卒演前日練習日 3] 

 ピッキングがトレモロに変わったところが2か所。
 クレッシェンドの前に音量を落とすところが1か所。
 合計3か所の変更があった。
 明日、うっかり忘れませんように……。

gakkike-su (2)

パッヘルベルのカノン~バロック音楽の楽しみパッヘルベルのカノン~バロック音楽の楽しみ
(2001/04/25)
ミュンヒンガー(カール)

商品詳細を見る
06:17  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.12 (Mon)

ピックが… [卒演前日練習日 2]

 明日の演奏会の流れを一通り確認した後、実際に入退場も含めて通した。
 椅子に座り、ひざ当てを取った時、楽譜を落とした。そのはずみで、お気に入りのピックをどこかへ飛ばしてしまった。
 10分後、ピックを発見。40cm前方の床に静かに佇んでいた。(見つかってよかった……)

pikku.jpg

愛の夢&ラ・カンパネラ~リスト名演集愛の夢&ラ・カンパネラ~リスト名演集
(2007/11/07)
ボレット(ホルヘ)

商品詳細を見る
06:36  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.11 (Sun)

低音楽器 [卒演前日練習日 1]

 この話は、2月27日(土)にさかのぼる。
 この日は、卒業演奏会の前日練習日であった。
 大学は、雪の量は減っている。春のようだ。しかし、今日の風は冷たかった。
 駐車場でI夫妻と一緒になった。これから昼食だそうだ。
 大学の入口でJ女史と一緒になった。
 練習会場には、N氏とI氏がすでに到着していた。
 練習の開始前に、J女史がテラスで何かを見つけた。木乃伊化した蛙であった。

nomimono (2)

 今日は、1st1名、2nd1名、ドラ4名、ギター5名、セロ2名、ローネ1名、ベース1名。低音楽器が多い編成になった。

daigaku.jpg

ポスター ボテロ Still Life With Mandolin 額装済 ウッドハイグレードフレーム(アイボリー)ポスター ボテロ Still Life With Mandolin 額装済 ウッドハイグレードフレーム(アイボリー)
()
ボテロ

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.10 (Sat)

紅茶 [3回目の卒演練習日 9] 《Fine》

 楽器を持って玄関を出た。
 「ちょっとお茶でも…」ということで、急遽、J女史、ぴよさんと私の3人のオフ会になった。

t1 t3

 日曜日にしまっている店が意外と多い。
 3軒目の店が開いていた。
 マロンティ、ロイヤル・ミルクティ、スパイシーチャイ。
 それぞれのお茶を楽しみながら、マンドリン音楽(など…)について話した。

t5 t4

 こんなオフ会もありである。  (了)

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド トリビュート THE WARRIOR HEART OF THE VELVET UNDERGROUNDヴェルヴェット・アンダーグラウンド トリビュート THE WARRIOR HEART OF THE VELVET UNDERGROUND
(2008/12/30)
daisyblue;紅茶っ!;森本在臣;Warsawpact;Flower Mama Records;BIG FOREST YB;EYESCREAM;Cobalt;花之丞;The Sludge;UP-TIGHT & James H.Sidloart;Milcryn\';Fujii Masahide;DENKI-ANE;ミヨシハルキ;Big Orange Shinobu Goto;Eco Eco Cycles;LDY;She Says She

商品詳細を見る
00:21  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.09 (Fri)

暖房 [3回目の卒演練習日 8]

 そういえば、今日は、ジャンバーもマフラーも要らなかった。
 壁に付いている暖房器を触ってみたら熱かった。
 「暖房が入っていたのか……」 

k14

 暖房を入れてくれた人に感謝。

k16

バロック/サウンドトラックバロック/サウンドトラック
(2007/07/12)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.08 (Thu)

楽譜返却 [3回目の卒演練習日 7]

 練習が終わった後、長い間借りていた楽譜を部長のSさんに返した。
 「じょんがら」と「熱情」である。
 Sさんは、「あっ、じょんがらを弾いたことがあるんですか? あの曲、テープで聴きました。歌も入っていてかっこいいですね。」
 確かに……、しかし、難曲である。当時の定期演奏曲の曲の中で一番難しかった。

k13

民謡いちばん 津軽じょんがら節民謡いちばん 津軽じょんがら節
(2003/07/23)
民謡浅利みき

商品詳細を見る
00:05  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.07 (Wed)

ノーネクタイ [3回目の卒演練習日 6] 《再び、前回からの続き》

 練習後、部長のSさんから、演奏会当日についての連絡があった。
 男性の衣装は、白ワイシャツにノーネクタイ……。ノーネクタイ…!
 なかなか着こなしが難しそうだ。
 ドラのDさんも悩んでいた。

k3

バロック名曲集バロック名曲集
(2004/12/22)
イタリア合奏団

商品詳細を見る
06:37  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.06 (Tue)

そろそろ… [札幌市民芸術祭大賞 15] 《Fine》

 祝賀会でのYさんの祝辞の中の「賞を獲ったら、これからが大変なんです!」という言葉。
 T会長が祝賀会の謝辞の中で語られた、札幌のマンドリン関係者への感謝の言葉。
 二次会でE氏と話した、今回の賞の札幌のマンドリン界にとっての意義。

201003141641002.jpg

 私が、今回の受賞を経験して、意識したことが2つ。
  ・背筋が伸びる思いがした。
  ・少し元気になった。
 これまでやってきたことが認められたのだから、これからも同じようにやっていっていいと言われたような気がした。

201003141604002.jpg

 そういえば、最近、セロの音の響きが鈍ってきた。
 そろそろ弦を張り替える時期を本気で考えよう。   (了)

ヴィヴァルディ:四季ヴィヴァルディ:四季
(2000/06/21)
アーノンクール(アリス)

商品詳細を見る
00:23  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.05 (Mon)

二次会 [札幌市民芸術祭大賞 14]

 祝賀会の閉会は、午後5時半だった。このまま帰るには名残惜しい。せっかくのお祝いの日だ。
 食事をして帰りましょう、ということで、J女史、E氏、N氏、I氏、ぴよさん、私の6人は二次会をすることになった。
 開いている店を探して、落ち着いた場所は、西郷酒盛というモツ鍋の店だった。
 
201003141812000.jpg

 美味い料理が並ぶ。ようやくのんびりした時間を味わえた。
 しかし、残念ながら翌日が月曜日なので、飲む量も抑え、ほどほどの時間で散会した。

201003141759000.jpg

モーツァルト:オペラ・アリア集モーツァルト:オペラ・アリア集
(2005/12/14)
バトル(キャスリーン)

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.04 (Sun)

夢 [札幌市民芸術祭大賞 13]

 T会長への花束と記念品の贈呈の後、T会長の謝辞があった。
 T会長の話を聞いているうちに、大賞の価値が、自分が思っていたよりも大きなものであることが実感として湧いてきた。
 祝賀会参加者全員で受賞記念の写真撮影。T会長が花束、Sさんが表彰状を持った。
 私は、トロフィーを持って前列に座った。こういうことを僭越というのだろうな、と感じた。
 マンドリン音楽を始めて、初めての「賞」をいただいての祝賀会だった。BGMが「崖の上のポニョ」に入る前に、祝賀会は閉会した。瞬く間の、半日の夢の時間だった。

201003141604001.jpg

スッペ:序曲集スッペ:序曲集
(2000/05/24)
シュターツカペレ・ドレスデン

商品詳細を見る
01:43  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.03 (Sat)

リラックス [札幌市民芸術祭大賞 12]

 Sさんの次に、私のスピーチの番になった。
 マイクの前に立つと、思いもかけず緊張した。声も上ずる。予定にない台詞も口から出てくる。
 いい演奏会だったこと、宇都宮アナウンサーとのコラボレーションの成功、受賞の驚きと喜び、受賞がゴールではなく過程の出来事であったことの幸せ、………。そんなことを語っていた。そう言えば、自分のブログのことも予定外ではあったが語っていた。
 スピーチが終わって、ようやく私は本当にリラックス状態に入った。
 会場はBGMとして、第7回定期演奏会の曲が流れている。耳に心地いい。

201003141604000.jpg

プレミア・シート~愛と歓びのうたプレミア・シート~愛と歓びのうた
(2009/02/25)
オムニバススラヴァ

商品詳細を見る
04:58  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.02 (Fri)

スピーチ [札幌市民芸術祭大賞 11]

 祝賀会の司会は、ギターのIさんが担当した。おそらく、その前の仕切りは、ローネのHさんが行っていたのだろうと思った。
 Iさんの音頭で乾杯。ようやく、私もようやくビールで乾杯できた。コーヒーの乾杯だと、気分が落ち着いてしまう。
 その後、1部で指揮をしたSさんがスピーチをした。しっかりと原稿を用意している。
 Sさんの次は、2部を指揮した私がスピーチすることになっている。しかし、言いたいことは、ほぼSさんが語っていることと同じだった。Sさんの話を聞きながら、自分が話す内容を頭の中で組み立てていた。

201003141546001.jpg

ウィンナ・ワルツ大全集ウィンナ・ワルツ大全集
(2007/11/21)
シュトルツ(ロベルト)

商品詳細を見る
06:28  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.01 (Thu)

祝賀会 [札幌市民芸術祭大賞 10]

 会場のロイトン札幌に着き、クロークにコートを預けている時、トロフィーを持ったE氏が駆け付けた。
 間に合った!
 T会長が会場に入る。皆が拍手で迎える。
 OBであり、マンドリン連盟支部長であるYさんの祝辞から会は始まった。
 「……市民劇場の大賞は、大賞の中の大賞であると思います。……」
 マンドリン界の喜びとなった大賞受賞について改めて考えさせられる話であった。

201003141623000.jpg

R・シュトラウス:歌曲集R・シュトラウス:歌曲集
(1991/06/25)
フィッシャー=ディースカウ(デートリッヒ)

商品詳細を見る
00:01  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
アフィリエイト 消費者金融
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。