2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.31 (Wed)

乾杯 [札幌市民芸術祭大賞 9]

 交流会は、立席パーティーでノンアルコールであった。
 コーヒーで乾杯。
 ソフトドリンクの他にお菓子とケーキがあった。私は手が出なかったが……。

201003141508000.jpg

 会場の前の方に、いくつかポスターが張ってあった。その中に、マンドリン音楽祭のポスターもあった。昨日の練習日の際に1stのYさんからいただいた楽譜は、この演奏会のものであった。(後で、E氏に聴いてみたところ、このポスターは誤植があり、まだ未完成なのだそうだ。)

201003141526000.jpg

 金屏風の前で、記念撮影をするグループがあった。OB・OG会もそれにならって記念撮影をした。素敵な思い出として。
 交流会は、まだ中盤であったが、別会場でOB・OG会の祝賀会はすでに始まっているので、交流会を抜け出して、移動を始めることにした。トロフィーがまだ届いていなかったので、E氏が交流会会場に残って、トロフィーが届き次第、祝賀会に駆けつけることになった。

バッハ:オルガン名曲集バッハ:オルガン名曲集
(2001/05/23)
アラン(マリー=クレール)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
06:27  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.30 (Tue)

交流会 [札幌市民芸術祭大賞 8]

 全ての贈呈が終わり、祝辞・謝辞の後、受賞者を代表して1団体の合唱が披露された。見事な歌唱であった。
 閉会になり、場所を3階に移して、受賞者の交流会が始まった。
 参加した人は、和服・洋服で着飾り、晴れやかな表情で臨んでいた。
 ここで一番リラックスして参加していたのは、OB・OG会だったのかもしれない。今回の大賞受賞は、喜びよりも驚きの方が大きかった。 

201003141456000.jpg 201003141456001.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
(2003/07/23)
アンチェル(カレル)

商品詳細を見る
07:08  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.29 (Mon)

大賞贈呈 [札幌市民芸術祭大賞 7]

 実行委員会委員長の挨拶の後、いよいよ贈呈が行われた。
 「北海道教育大学札幌校マンドリンクラブOB・OG会」の名前が大賞受賞者として1番目に呼ばれた。
 T会長が立ち上がり、中央に進み出る。
 大きな拍手。
 表彰状とトロフィーが贈呈された。
 まさに晴れがましい瞬間であった。

201003141411000.jpg

カンタービレ~ベスト・オブ・ヨーヨー・マカンタービレ~ベスト・オブ・ヨーヨー・マ
(2005/03/24)
ヨーヨー・マクラウス(アリソン)

商品詳細を見る
07:11  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.28 (Sun)

開会 [札幌市民芸術祭大賞 6]

 本鈴が鳴り、緞帳が上がった。
 何とも晴れがましい舞台の光景だった。
 ステージ上には、受賞者、審査員、来賓の方々が並んでいる。
 金屏風、明るい青色のバックライト、そして、白い美しい花。
 T会長は最前列の一番上手側に座っている。
 ここからの時間帯は、普段は携帯電話での写真撮影は無理である。シャッター音が大きすぎる。
 しかし、今回は鳴り響く拍手の中で撮影することができた。
 心の中で拍手を贈り、シャッターを切った。

201003141401000b.jpg

ドビュッシー:映像・版画・喜びの島(紙ジャケット仕様)ドビュッシー:映像・版画・喜びの島(紙ジャケット仕様)
(2006/06/21)
高橋悠治

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.27 (Sat)

ステージ [札幌市民芸術祭大賞 5]

 ステージの中央には、白い花、上手側には、トロフィーが見える。
 「前に行って、撮ってくれば」とE氏。
 確かに! まだ会場がざわめいている。

201003141346002.jpg

 下に行き、花とトロフィーを撮った。
 花は、近づいて見ると、意外と豪華なアレンジメントだった。
 緞帳が上がると、どんな光景が現れるのか楽しみだ。

201003141348002.jpg

201003141348000.jpg

ショスタコーヴィチ:祝典序曲,森の歌,交響曲第6番&第7番「レニングラード」ショスタコーヴィチ:祝典序曲,森の歌,交響曲第6番&第7番「レニングラード」
(2002/07/24)
テミルカーノフ(ユーリ)ブリチェワ(ズラータ)

商品詳細を見る
00:20  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.26 (Fri)

緞帳 [札幌市民芸術祭大賞 4]

 開場の時刻になった。
 前の席でしっかり見ようとする人と、後ろからゆったり見ようとする人に分かれる。
 私とE氏は、後ろの席に向かった。その後ろの席にはギターのI夫妻がすでに座っていた。
 ステージは緞帳が下りている。これから始まる祝いの会の演出にさえ見えた。

201003141346001.jpg

革命&1812革命&1812
(2003/03/26)
西本智実

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.25 (Thu)

笑顔 [札幌市民芸術祭大賞 3]

 ドラのE氏の顔もあった。
 E氏は、昨日はマンドリン連盟の仕事で東京に行っていたということだった。
 本職の仕事も忙しい中、すごいバイタリティである。
 OBであり、マンドリン連盟北海道支部長のYさんも現れた。
 T会長も贈呈式のリハーサルを終えてロビーに出てきた。
 ロビーに笑顔の輪が広がった。

201003141333000.jpg

Jungle TangoJungle Tango
(2005/03/22)
The Jazz Mandolin Project

商品詳細を見る
00:01  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.24 (Wed)

カンフル剤 [札幌市民芸術祭大賞 2]

 ロビーに、少しずつ人が増えてきた。
 OB・OGの方たちの顔も見える。
 2ndのHさんは、大賞受賞の知らせを聞いてから、今まで以上に毎日練習するようになったと言っていた。
 確かに、昨日のHさんの2ndのソロでは美しい音が響いていた。
 「大賞」は、昔風の表現で言うとメンバーの「カンフル剤」になっていた。

【パンフレットの大賞受賞者紹介ページ】
201003141318000.jpg

主よ、人の望みの喜びよ~マイヤー・プレイズ・バッハ主よ、人の望みの喜びよ~マイヤー・プレイズ・バッハ
(2010/04/21)
マイヤー(アルブレヒト)

商品詳細を見る
00:07  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.23 (Tue)

パンフレット [札幌市民芸術祭大賞 1]

 この話は、3月14日(日)にさかのぼる。
 この日は、平成21年度札幌市民芸術祭大賞・札幌市民芸術祭奨励賞の贈呈式であった。

201003141308000.jpg

 会場の教育文化会館に、開始時刻の1時間前に到着。
 すでに、受付のところには係の人が待機していた。パンフレットをもらい、開場の13時45分を待った。

201003141316001.jpg

フォーレ:組曲 ペレアスとメリザンドフォーレ:組曲 ペレアスとメリザンド
(2005/01/21)
フルネ(ジャン)三原剛

商品詳細を見る
06:13  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.22 (Mon)

郷愁(作曲 リヤドフ) [3回目の卒演練習日 5]《一旦 Fine》

 徹底したスローテンポ・バージョンである。
 ゆっくり弾くと、自分の技術がまだまだ未熟なことがよくわかる。
 当日、聴衆の方々にはどう聴こえるのだろうか……。  (一旦、了)

k4

ベスト・オブ・ベスト バロック名曲[全84曲]ベスト・オブ・ベスト バロック名曲[全84曲]
(2007/05/23)
オムニバス(クラシック)

商品詳細を見る
00:47  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.21 (Sun)

ラバースコンチェルト(原曲 J.S.Bach/作曲 S.Linger/編曲 宮田俊一郎) [3回目の卒演練習日 4]

 この曲は、テンポが速くならないように気をつけないと、軽快な音符の並びから、つい速くなってしまう。
 セロは、ベース・ギター的な部分とドラ・マンドリン的な音符が混在しているので、ピッキングとトレモロの弾き分けを自分なりに決めた。
 B氏に、忘れずに伝えないといけない。

k5

ラバーズ コンチェルト/A Lover\'s Concerto … バッハ(Johann Sebastian Bach) 【弦楽四重奏】ラバーズ コンチェルト/A Lover\'s Concerto … バッハ(Johann Sebastian Bach) 【弦楽四重奏】
(2009/11/23)
編曲: 宮崎 隆

商品詳細を見る
07:23  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.20 (Sat)

君をのせて(作曲 久石 譲/編曲 武藤理恵) [3回目の卒演練習日 3]

 10分間の休憩後、2曲目の練習。
 出だしの部分が安定してきた。
 三連符から八分音符にリズムが変わるところもしっかり合うようになった。
 この曲は、もう大丈夫だろう。 

k7

崖の上のポニョ/となりのトトロ~ジブリ・コレクション α波オルゴール・ベスト崖の上のポニョ/となりのトトロ~ジブリ・コレクション α波オルゴール・ベスト
(2009/06/26)
オルゴール

商品詳細を見る
08:38  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.19 (Fri)

もののけ姫メドレー(作曲 久石 譲 / 編曲 J.K) [3回目の卒演練習日 2]

 今日は、1st3人、2nd2人、ドラ3人、ギター5人、セロ1人。なかなかいいバランスであった。
 今回は、フレーズのつなぎの部分を繰り返して練習した。インテンポでも、なかなか難しい。
 ピッキングとトレモロの箇所のチェックにも時間をかけた。
 そういえば、今日は、あまり寒さを感じない。 

k8

パッヘルベルのカノン~バロック名曲集パッヘルベルのカノン~バロック名曲集
(2000/06/21)
フェルナンデス(ユゲット)

商品詳細を見る
03:37  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.18 (Thu)

醤油ラーメン [3回目の卒演練習日 1]

 この話は、2月21日(日)にさかのぼる。
 この日は、卒業演奏会の3回目の練習日であった。
 前回は、途中のコンビニでおにぎりを買ったが、その横にラーメン屋「桃太郎」があるのが目に入った。
 醤油ラーメンを食した。腰には使い捨てカイロも張ってきた。
 これから行く練習会場は、おそらく冷え切っているだろう。身体をできるだけ暖かくして大学へと向かった。

k1

エジプトの音楽エジプトの音楽
(2000/07/05)
民族音楽

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.17 (Wed)

郷愁(作曲 リヤドフ) [2回目の卒演練習日 6] ≪Fine≫

 ゆっくりなテンポで演奏する。
 行進曲的にも聴こえる。
 自分の中のイメージを変えて弾く難しさを感じた。

 練習後、現役からの連絡で、演奏会当日に打ち上げの会を予定している旨の話があった。
 さて、私は体力的に参加は可能であろうか……。 (了)

P1000046.jpg

日本のマーチ・ベスト(戦前編)日本のマーチ・ベスト(戦前編)
(2005/03/02)
海上自衛隊東京音楽隊 陸上自衛隊中央音楽隊

商品詳細を見る
06:09  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.16 (Tue)

ラバースコンチェルト(原曲 J.S.Bach/作曲 S.Linger/編曲 宮田俊一郎) [2回目の卒演練習日 5]

 今日も、1回目でピタリと合った。
 しかし、セロ譜に明らかな音符の間違いを2か所発見した。
 セロのB氏が来たら、伝えなければ…。

P1000048.jpg

ラヴァーズ・コンチェルトラヴァーズ・コンチェルト
(2005/01/26)
サラ・ヴォーン

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.15 (Mon)

君をのせて(作曲 久石 譲/編曲 武藤理恵) [2回目の卒演練習日 4]

 1回目は音がばらけた感じだったが、練習の最後にはぴたりと合わせた。短期熟成である。
 今日は、1st1名、ドラ4名、ギター4名、セロ1名。人数のバランスはいいとは言えない。
 あっ、足元の冷えが厳しくなってきた。

P1000050.jpg

スタジオジブリ名曲集~君をのせて~スタジオジブリ名曲集~君をのせて~
(2006/04/19)
Fran宮崎駿

商品詳細を見る
00:08  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.14 (Sun)

休憩時間 [2回目の卒演練習日 3]

 1階に自動販売機があったことを思い出して、暖かいものを求めて1階へ向かった。
 その時、館内に火災報知機のベルが鳴り響いた。結局、誤作動であった。

P1000052.jpg

 暖かいものを飲みつつ、骨格標本の見学。

P1000055.jpg

ナイト ミュージアム1&2パック〔初回生産限定〕 [DVD]ナイト ミュージアム1&2パック〔初回生産限定〕 [DVD]
(2009/12/16)
ベン・スティラーロビン・ウィリアムズ

商品詳細を見る
10:17  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.13 (Sat)

もののけ姫メドレー(作曲 久石 譲 / 編曲 J.K) [2回目の卒演練習日 2]

 前回は、楽譜が間に合わずベース譜で演奏したので、セロ譜で合わせるのは初めてだった。
 セロがキーポイントになる部分が何回か現れる。こんなに活躍するとは予想外だった。
 1回目は、余裕が無く、音を拾うだけの演奏になってしまった。
 2回目以降は、表現することに心がけた。

P1000063.jpg

Princess Mononoke [VHS] [Import]Princess Mononoke [VHS] [Import]
(2001/03/13)
Y醇sji MatsudaYuriko Ishida

商品詳細を見る
05:34  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.12 (Fri)

コンビニ [2回目の卒演練習日 1]

 この話は、2月14日(日)にさかのぼる。この日は、卒業演奏会の2回目の練習日だった。
 道の途中にあったコンビニで、おむすびと缶コーヒーを買って大学へ向かった。
 駐車場に着いてから、軽い昼食をとっていたら、横にギターのI夫妻の車が入ってきた。
 ちょうど食べ終わったので、大賞の祝賀会の話をしながら、練習会場へと向かった。

P1000043.jpg

 練習会場には、J女史、N氏、I氏がすでに到着していた。N氏は、今日のために購入したという少し複雑な構造の譜面台を開き始めた。

P1000044.jpg

ベルリオーズ:作品集(11枚組)ベルリオーズ:作品集(11枚組)
(2001/12/01)
ベルリオーズ、

商品詳細を見る
01:01  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.11 (Thu)

また! [2月の練習日 25] ≪Fine≫

 小樽に鰊が戻って来ていることと、「鰯と気候変動」という本の話。
 「オヒョウって魚なんだ…」というつぶやき。
 「ジャマイカン・ルンバ」の不協和音。
 ライオンとレバーの話。
 エレキギターの良し悪しの話。
 パッヘルベルの「カノン」の好き嫌いの話。
 「ダンテとベアトリーチェ」とG線の話。
  …………

P1000035.jpg

 A氏の音楽活動の休止宣言。
 数か月後にまた!  (了)

P1000041.jpg

The EndThe End
(1996/07/30)
Nico

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.10 (Wed)

ゲルマニウム [2月の練習日 24]

 N氏が見慣れぬライターを使っていた。
 J女史が気が付いた。
 表面がゲルマニウムなのだそうだ。
 「じゃあ、身体に当てると調子がよくなる!」などと言って騒いでいた。
 ポケットに入れておいたら本当に身体にいいかもしれないな、と密かに思うのであった。

P1000037.jpg

Zippo Chocolate Lab 動物 ジッポ 21091Zippo Chocolate Lab 動物 ジッポ 21091
()
ZIPPO(ジッポー)

商品詳細を見る
00:03  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.09 (Tue)

無題 [2月の練習日 23]

 ブログのために話題をメモしていたら、今回もJ女史がそのメモ用紙に何か書きだした。
 いつもは、題名を書くのだが、今回は絵のみである。
 次回、何を書いたのか聴いてみよう。
 覚えていないとは思うが…。

P1000039.jpg

【美術館バージョン】
decojiro-20100309-205824[1]

ファーバーカステル絵手紙スケッチセット TFC-SS1(茶)ファーバーカステル絵手紙スケッチセット TFC-SS1(茶)
()
HealthMisc

商品詳細を見る
06:13  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.08 (Mon)

漫画 [2月の練習日 22]

 話題が、漫画・アニメーションの話になった。
 「天才バカボン」、「マカロニほうれんそう」、「寄生獣」、「崖の上のポニョ」、「アバター」…。
 残念…。「アバター」は観ていない。そういえば、「崖の上のポニョ」も観ていない。

P1000034.jpg

天才バカボン (1) (竹書房文庫)天才バカボン (1) (竹書房文庫)
(1994/06)
赤塚 不二夫

商品詳細を見る
06:12  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.07 (Sun)

時間差 [2月の練習日 21]

 J女史が鞄からまた何か取りだした。
 J女史のブログの画像にあった「唐辛子」と書かれたチョコレートだった。
 1個食べてみる。
 「お、普通のキットカットの味だ。甘い…。辛くはないな…。普通のチョコレートだな。あ、……。食べ終わってから舌に辛さが残っている。あ、辛い!」
 時間差攻撃である。

P1000033.jpg

私の身代わりに・・・『財運アップ風水古銭付き』唐辛子ストラップ!私の身代わりに・・・『財運アップ風水古銭付き』唐辛子ストラップ!
()
お守り屋さん

商品詳細を見る
00:02  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.06 (Sat)

ストラップ [2月の練習日 20]

 N氏の携帯に見慣れないストラップが付いていた。
 とりあえず画像に残した。
 何とは聞かなかったが、おそらく犬なのだろう。
 ちなみに私は、携帯にストラップはつけない。撮影するときに使いづらいからである。

P1000022.jpg

RAS(ラス) arrasa_ras(アラサ・ラス)シリーズ ネックストラップ ブラック RAS2014NRAS(ラス) arrasa_ras(アラサ・ラス)シリーズ ネックストラップ ブラック RAS2014N
()
RAS(ラス)

商品詳細を見る
09:41  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.05 (Fri)

教則本 [2月の練習日 19]

 今度は、N氏が鞄から何か取りだした。
 N氏のブログに出てきたマンドリンの教則本であった。
 「正しい…」と明記してあるところが凄い。
 ぴよさんがしばらくの間、熟読していた。
 「正しいマンドセロの弾き方」という本があったら、私も熟読したい。

P1000038.jpg

ナポリ、愛の歌~永遠のカンツナポリ、愛の歌~永遠のカンツ
(2009/11/04)
ナポリ・マンドリン・オーケストラルチャーノ・カタパーノ

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.04 (Thu)

チョコレート [2月の練習日 18]

P1000027.jpg

 J女史が鞄から何か取りだした。
 いつも何かが出てくる。
 「去年と同じもの!」
 私は、1年前、このチョコレートが登場した時だけつぼパーを欠席した。
 1か月後の足だけをつなげたものをN氏が持ってきたものだけを目撃した記憶があった。

P1000028.jpg

P1000040.jpg

チャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラックチャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラック
(2005/09/02)
サントラ

商品詳細を見る
06:15  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.03 (Wed)

ウコン [2月の練習日 17]

 N氏が何かを差し出した。
 「ウコンに感謝」と書いてある。その文字を見て、すぐにその顆粒を飲んだ。
 オレンジ味だったような気がする。
 いつも、N氏はウコン持参で来る。見習うことにしよう。効果は確かにあるのだ。

P1000032.jpg

ジェントルメン・フォー・スイングジェントルメン・フォー・スイング
(2009/09/23)
谷口英治セクステット

商品詳細を見る
06:12  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.02 (Tue)

カラバッジョ [2月の練習日 16]

 I氏とA氏とJ女史が美術の話をしている。
 「カルパッチョ」と聞こえたが、「カラバッジョ」と言っていたらしい。
 毎回、美術の話で盛り上がる時間帯があるが、聴き慣れない名前が続くので、いつもメモを取り損なってしまう。
 今回は、名前だけはメモに残っていた。

【解説】
カラバッジョ[Caravaggio](1571―1610)
 イタリアの画家。正式名はミケランジェロ・メリジMichelangelo Merisiで、北イタリアのベルガモ近郊カラバッジョ生まれのため、この通称でよばれる。ミラノで修業し、1592~93年ごろローマに出た。彼の初期の代表作は1599~1602年にローマのサン・ルイジ・ディ・フランチェージ聖堂のコンタレッリ礼拝堂に描いた『聖マテオの召命』『聖マテオの殉教』で、これらの作品によって彼の名声は一挙に高められた。その斬新(ざんしん)な画風はローマの美術界を驚倒させたばかりでなく、絵画の世界に一種の革命をもたらすものであった。その要因をなすのは光の扱い方と写実描写であるが、ほとんど暗黒ともいえる陰影部が強い人工的な光と極端なコントラストをなし、輪郭や細部の抑揚が弱められている反面、背景がほとんど黒色で塗りつぶされているため、もろもろの形像の造形効果が強められている。そして背景や装飾物のような主題の表現に必要不可欠でないものは、すべて画面から排除されている。しかも写実表現に徹すべく、彼は宗教的な場面のなかに、ごく平凡な粗野にすらみえるような人物たちを描き込むのである。そのためもあり、彼が最初にこの聖堂に描いた『聖マテオと天使』(現存せず)は教会の権威者たちから拒否されたという。これらと前後して2点の『バッカス』(フィレンツェ、ウフィツィ美術館。ローマ、ボルゲーゼ美術館)『エジプトへ逃避する聖家族の休息』『懺悔(ざんげ)するマグダラのマリア』(ともにローマ、パンフィーリ美術館)、『占い師』(パリ、ルーブル美術館)が制作されているが、これらの作品にはそれほど斬新な画法はみられない。カラバッジョの生涯は彼の絵画表現にもまして激動的である。口論、決闘など相次ぐ無法行為のために1600年から07年にかけて警察と裁判所の監視下に置かれていたが、06年には殺人罪まで犯した。こうした騒乱の渦中にあっても彼は絵筆を放擲(ほうてき)することなく制作を続けた。しかもこの時期に制作された作品が、全生涯を通じてもっとも静穏な雰囲気をたたえている。04年にローマのヌオーバ聖堂に描いた『キリスト十字架降下』(バチカン美術館)は、彼の宗教画のうちでも非常に動感に富む代表作といえる。


P1000031.jpg

Art in America [US] January 2010 (単号)Art in America [US] January 2010 (単号)
(2010/01/11)
不明

商品詳細を見る
00:01  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
アフィリエイト 消費者金融
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。