2010年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.28 (Sun)

つぼパー [2月の練習日 14]

 練習後、恒例のつぼパー。一番乗りであった。
 今回の参加メンバーは、J女史、N氏、I氏、A氏、ぴよさん、私のいつもの6名であった。
 飲み物を注文した後、得意の「このお勧めメニュー全部一つずつ!」
 あとは、コース料理のようにどんどん出てきて、きれいになくなる。

tubohati001.jpg

火祭りの踊り ファリャ:ピアノ曲集火祭りの踊り ファリャ:ピアノ曲集
(2009/12/09)
ラローチャ(アリシア・デ)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
01:59  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.27 (Sat)

Adagio e Rondo(C.Munier) [2月の練習日 13]

 T先生から新曲が出された。
 ムニエルと言えば、教則本で有名だ。
 曲としては初めて弾くことになる。
 今日は、時間の関係で、前半のAdagioの部分だけの練習になった。
 面白い曲かもしれない、と期待感で今日は終了した。

P1000014.jpg

悪魔のトリル ― ヴァイオリン名曲集悪魔のトリル ― ヴァイオリン名曲集
(1999/09/22)
ミルシテイン(ナタン)

商品詳細を見る
06:23  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.26 (Fri)

DANTE E BEATRICE(作曲 C.Graziani Walter) [2月の練習日 12] 

 最近、この曲は個人練習を怠っていた。
 ポジションが高いので、なかなか左手が正確にヒットしない。
 反省であった。

P1000008.jpg

【Blu-spec CD】ブラームス:交響曲第4番ホ短調、ハイドンの主題による変奏曲【Blu-spec CD】ブラームス:交響曲第4番ホ短調、ハイドンの主題による変奏曲
(2009/03/25)
ワルター(ブルーノ)

商品詳細を見る
06:09  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.25 (Thu)

Cujus Animam(作曲 G.Rossini/編曲 G.Bellenghi) [2月の練習日 11]

 三連符の部分のミスタッチが多かった。練習不足である。
 ここは、fとpの切り替えもあるので、しっかり個人練習をしておかないと、演奏会では弾ききれないであろう。

Gkurehu001.jpg

ロッシーニ:序曲集ロッシーニ:序曲集
(2006/04/12)
デュトワ(シャルル)

商品詳細を見る
06:11  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.24 (Wed)

Con Anima(作曲 Joh.B.Kok 〈op131〉) [2月の練習日 10]

 後半の練習1曲目は、Con Animaだった。
 曲目を聞いて、A氏と二人であわてた。セロのパートソロがあり、なかなか手ごわいのだ。
 今回もセロは力んでしまった。その部分以外は力が抜けて、割といい音が出ているのだが…。

P1000012.jpg

序曲・前奏曲・間奏曲集序曲・前奏曲・間奏曲集
(2003/09/26)
カラヤン(ヘルベルト・フォン)

商品詳細を見る
04:30  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.23 (Tue)

平成21年札幌市民劇場芸術祭 札幌市民劇場「札幌市民芸術祭大賞」 [2月の練習日 9]

 後半の練習時間。
 まず、T先生から、札幌市民芸術祭大賞受賞に関わる話があった。
 マイナー的なマンドリン音楽が評価されたことの喜び、演奏に対して大賞を贈られた喜びが語られた。
 授賞式、レセプション、祝賀会の内容・日程についても詳しく説明された。
 おそらく、全員にとって一生に1回の出来事なのだろうと思う。
 評価されたことは、真実として受けとめなければならない。

【札幌市民芸術祭大賞 受賞理由】
 「マンドリンに魅せられた仲間たちの集まり」という教育大札幌校マンドリンクラブOB・OGの団体。それだけに音楽への取り組み方も中々のものだったようだ。その成果がここに現れたのであろう。実に素晴らしい演奏を披露してくれた。コンサートは三部構成のステージ。各ステージ、指揮者は異なったが、それぞれの曲の音楽をよく研究し計算したと思われ、各パートがよく整理され、主要旋律をよく歌わせていた。また全体によく音が出、演奏される音楽が生き生きとしていて、聴衆を引きつけ、充分に満足感を味わえるコンサートだった。これまでのマンドリンオーケストラのイメージを一変するような好演であった。


P1000019.jpg

ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92
(2010/01/13)
のだめオーケストラ

商品詳細を見る
04:41  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.22 (Mon)

休憩 [2月の練習日 8] 

 休み時間。
 参加費500円を払い、Kさんが写した弾き初めの時の記念写真をいただいた。
 札幌市民芸術祭大賞受賞の資料が配られた。
 ギターのIさんから、一つ仕事を頼まれた。祝賀会についてだった。
 廊下に出て、チョコレート入りの缶コーヒーを飲んで一服。
 何とか体力はもちそうだ。

hikizome.jpg

ポスター アノニマス ザ・ビートルズポスター アノニマス ザ・ビートルズ
()
アノニマス

商品詳細を見る
00:01  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.21 (Sun)

THE PHANTOM OF OPERA1、2(作曲 Andrew Lloyd Webber/編曲 武藤理恵) [2月の練習日 7]

 セロ譜に、10小節以上の長い休みが時々現れる。
 私は、オリジナルの曲を知っているので、楽譜に直前の歌詞を書いておく。
 「…従わねばならぬ…」
 その1小節後が、セロが入る部分である。

P1000006.jpg

オペラ座の怪人 通常版 [DVD]オペラ座の怪人 通常版 [DVD]
(2005/08/26)
ジェラルド・バトラーエミー・ロッサム

商品詳細を見る
02:47  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.20 (Sat)

草原情歌~賽馬(作曲 王 洛賓・黄 海懐/編曲 たかしま あきひこ) [2月の練習日 6]

 久しぶりに弾いた。
 同じパターンの小節が続くと、頭がフリーズしたようになって小節を数え間違えてしまう。これも、ゲシュタルト崩壊の一つなのだろうか。(いや、練習不足であろう。)

P1000004.jpg

チェリッシモチェリッシモ
(1999/06/19)
古川展生

商品詳細を見る
00:12  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.19 (Fri)

JAMAICAN RUNBA(A.Benjamin) [2月の練習日 5]

 練習が始まった。大賞受賞の話は、後半のようだ。
 最初は、いつもの通り2部の曲からだった。
 「JAMAICAN RUNBA」
 この曲は、なぜか「雨に歌えば」の映画の終盤に出てくる「ブロードウエイ・メロディ」の中の街の雑踏のシーンの音楽をイメージさせる。おそらく、心地よい不協和音のためであろう。

P1000005.jpg

This Night Becomes A RumbaThis Night Becomes A Rumba
(1998/10/10)
ディープ・ルンバ

商品詳細を見る
06:13  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.18 (Thu)

セロのIさん [2月の練習日 4]

 セロのIさんが来ていた。
 仕事の関係で、練習に参加できないが、大賞を受賞したお祝いをT先生に伝えに立ち寄ってくれたのだった。
 Iさんと話をしていたら、大賞受賞の意味が私が考えていたよりも大きな出来事であるような気がしてきた。
 Iさんは、マンドローネのHさん、セロのA氏に声をかけて、廊下に出て行った。
 T先生と話をした後、まっすぐ仕事へと向かったのだろう。
 また、演奏会が近づいたら、休みをとって練習に参加する旨の話は私が覚えておこう。

GClef[1]

モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集
(2006/03/02)
ピリス(マリア・ジョアオ)

商品詳細を見る
05:51  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.17 (Wed)

糖分 [2月の練習日 3]

 Gクレフに到着後、会場のセッティングをしていたら、だんだん眠くなってきた。昨日までの疲れがこんな時に出てくるとは、いやなタイミングである。
 気付けに缶コーヒーでも、と思ったが、缶汁粉が目に入ったので、そちらを飲んだ。
 糖分が何かしらのいい効果をもたらすだろう。
 
P1000002.jpg

クリスマスにはア・カペラをクリスマスにはア・カペラを
(1997/11/05)
オックスフォード・ニューカレッジ聖歌隊

商品詳細を見る
06:11  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.16 (Tue)

Gクレフへ [2月の練習日 2]

 11時半にA氏の車が自宅に到着。
 セロを後部座席に積み、シートベルトで固定した。この車にはセロが3台乗っている。ある意味、珍しい光景だ。
 途中、迷いながらも、無事、Gクレフに到着。建物の裏側の駐車場の存在を初めて知った。
 覚えておこう。

P1000001.jpg

コンヴァース:神秘のトランペッター/安自動車一千万台/ エンディミオンの物語コンヴァース:神秘のトランペッター/安自動車一千万台/ エンディミオンの物語
(2003/04/01)
ファレッタ

商品詳細を見る
00:01  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.15 (Mon)

セロ2台 [2月の練習日 1]

 この話は、2月13日(土)にさかのぼる。この日は、2月の練習日であった。
 今日は、自宅の部屋に保管してあったサークルのセロをT市のA氏に渡すことになっていた。
 さすがにセロ2台を抱えて地下鉄で移動することは大変だ。
 ということで、A氏が車で迎えに来ることになった。

cello×2

ハリー・ポッター クィディッチ マグ ボーンチャイナ  HPL-MG2ハリー・ポッター クィディッチ マグ ボーンチャイナ HPL-MG2
()
マルイ

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.14 (Sun)

タイ [卒業演奏会の練習 7] ≪Fine≫

 練習が終わった後、ドラのDさんからCDをもらった。タイの音楽だそうだ。
 「眠るときにいいよ。」
 ラベルには「Rhuthm of Lanna」と書いてある。
 今晩、眠るときに聴いてみよう。
 現役の皆さん、お疲れ様でした。今日の準備と心遣いは完璧でした。 (了)

P1002550_convert_20100131185947.jpg

夏子の酒 (8) (講談社漫画文庫)夏子の酒 (8) (講談社漫画文庫)
(1995/04)
尾瀬 あきら

商品詳細を見る
00:04  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.13 (Sat)

郷愁(作曲 リヤドフ) [卒業演奏会の練習 6]

 最後は「郷愁」を弾いた。
 OB・OG会で弾いているよりもかなり遅いテンポだ。
 速く弾くのは難しいが、遅く弾くのも結構難しい。自分を律するが如く、の感がある。
 楽器を最適に響かせることに心がけて弾いてみた。

P1002545_convert_20100131170409.jpg

夏子の酒 (6) (講談社漫画文庫)夏子の酒 (6) (講談社漫画文庫)
(2004/11)
尾瀬 あきら

商品詳細を見る
04:41  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.12 (Fri)

ラバースコンチェルト(原曲 J.S.Bach/作曲 S.Linger/編曲 宮田俊一郎) [卒業演奏会の練習 5]

 礼奏「ラバースコンチェルト」の練習。
 1回目でぴったり合った。
 曲想の構想を練ることは別問題として、音符の並びとしては難しくない。
 明るく楽しい演奏を目指したい。 

P1002543_convert_20100131184246.jpg

夏子の酒 (5) (講談社漫画文庫)夏子の酒 (5) (講談社漫画文庫)
(2004/10)
尾瀬 あきら

商品詳細を見る
05:46  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.11 (Thu)

休憩時間 [卒業演奏会の練習 4]

 休憩時間。
 テーブルの上には、ドラのDさんのタイのお土産のドライフルーツが並んでいた。
 オレンジ色のものは何だか分からないが美味しい。黄色いものは美味しいが、ピリピリと刺激を舌に感じる。大丈夫だろうか。ちなみに、マンドローネのHさんは、一番左のオレンジ色のものが美味しいと言っていた。私は左から3番目のものが美味しかった。何だか分からないが……。
 現役が用意してくれたポットのお湯がうれしかった。私は、紅茶を2杯。

P1002548_convert_20100131182224.jpg

夏子の酒 (4) (講談社漫画文庫)夏子の酒 (4) (講談社漫画文庫)
(2004/09)
尾瀬 あきら

商品詳細を見る
04:27  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.10 (Wed)

君をのせて(作曲 久石 譲/編曲 武藤理恵) [卒業演奏会の練習 3]

 休憩をはさんで、「君をのせて」の練習に入った。
 私は、1度だけ声を出して曲を止めた。1小節目の音が違っていた。
 あとは、現役の曲想に任せた。指揮がないと、難しい曲であることがわかった。

P1002533_convert_20100131180926.jpg

夏子の酒 (3) (講談社漫画文庫)夏子の酒 (3) (講談社漫画文庫)
(2004/08)
尾瀬 あきら

商品詳細を見る
06:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.09 (Tue)

もののけ姫メドレー(作曲 久石 譲 / 編曲 J.K) [卒業演奏会の練習 2]

 定時に練習開始。
 最初の曲は「もののけ姫メドレー」だった。
 残念ながら、セロ譜は間に合わなかったので、今日はとりあえずベース譜でセロを弾いた。
 弾きながら、セロ譜は難しいような予感がしてきた。
 セロ譜の到着が楽しみである。

P1002531_convert_20100131175329.jpg

夏子の酒 (2) (講談社漫画文庫)夏子の酒 (2) (講談社漫画文庫)
(2004/07)
尾瀬 あきら

商品詳細を見る
06:07  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.08 (Mon)

大学へ [卒業演奏会の練習 1]

 この話は、1月31日(日)にさかのぼる。
 この日は、現役の卒業演奏会の練習日だった。3部のステージの賛助出演の依頼があったOB・OGとの合同練習日の1回目である。
 OB・OGは思いのほかたくさん集まった。1st1名、ドラ3名、ギター4名、セロ1名、ベース1名。
 人数が多いと活気が出る。音を合わせる楽しみも味わえる。志を同じくした仲間と集えることは楽しいことだ。(遠い場所ではあるが……。しかし、私の自宅からは割と近い。)

P1002541_convert_20100131165608.jpg

夏子の酒 (1) (講談社漫画文庫)夏子の酒 (1) (講談社漫画文庫)
(2004/06)
尾瀬 あきら

商品詳細を見る
00:01  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.07 (Sun)

健康に留意して [1月の練習日 30] ≪Fine≫

 1stのYさんが指揮を振れそうな人を探していた。K氏は? S氏は?
 ぴよさんが、N氏にドラを貸してもらって、ワルテルの「亡命者」を弾いていた。
 現役は若さあふれる笑顔で話をしている。
 
 T先生が弾き初めでの年頭の挨拶でも話されたように、「健康に留意」が大切だ。
 2010年もマンドリン音楽を楽しめるように、健康に留意して頑張っていこう。(と思い、しじみエキスのサプリメントをまた1包飲んだ。)  (了)

201001091708001.jpg

NHKクラシカル 水戸室内管弦楽団 メンデルスゾーン・プログラム 小澤征爾 小菅優 [DVD]NHKクラシカル 水戸室内管弦楽団 メンデルスゾーン・プログラム 小澤征爾 小菅優 [DVD]
(2009/11/27)
キャサリン・ローラー(MS)中嶋彰子(S)

商品詳細を見る
00:30  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.06 (Sat)

ばいばい [1月の練習日 29]

 いけこさんのお子さん2人が走り回っている。
 私は4歳の方のぼんず君をつかまえて、手品を披露した。
 親指と箸の手品は面白さが伝わったようである。
 「へび」のなぞなぞは残念ながら伝わらなかった。
 いけこさんと2人のお子さんは、デザートのアイスクリームを食べて、一足先に席を立った。帰りのJRの時刻の関係である。お子さん2人は手を振っていった。
 「ばいばい、またね!」

201001091709000.jpg

マーラー:交響曲第5番マーラー:交響曲第5番
(2006/01/13)
小澤征爾

商品詳細を見る
04:57  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.05 (Fri)

だんて [1月の練習日 28]

 ブログのためにメモ帳に記録をとっていたら、J女史がメモ帳を取り上げて、絵を描きだした。
 飼い犬の『だんて』である。

201001091926000.jpg

 お、意外と似ていた。

photo_3[1] J女史のブログから借用

Boston Symphony [VHS] [Import]Boston Symphony [VHS] [Import]
(1995/04/16)
Seiji OzawaRudolf Serkin

商品詳細を見る
02:20  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.04 (Thu)

魔界 [1月の練習日 27]

 J女史が焼酎を頼んでいた。
 私は、N氏に「どれを頼んだと思う?」と言ってメニューを見せた。
 「山ねこ?」
 「それじゃないとすれば?」
 「魔界への誘い?」
 「そう!」

201001091728000.jpg

 「お客様、魔界への誘いはボトルを切らしていますので、黒霧島でよろしいでしょうか?」
 かくして、「魔界への誘い」の味は今日は知ることはできなかった。

201001091904000.jpg

レスピーギ:ローマ三部作レスピーギ:ローマ三部作
(2006/11/08)
小澤征爾

商品詳細を見る
06:06  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.03 (Wed)

ジンギスカン [1月の練習日 26]

 私の正面のガスコンロに鍋が置かれた。
 「これは何かな?」
 「ジンギスカンじゃないの?」

201001091708000.jpg

 火が通ると、無事にジンギスカンになった。
 私は正面だったので、無意識にけっこう食べていた。

201001091729000.jpg

小澤征爾と子供たちへのまなざし小澤征爾と子供たちへのまなざし
(2002/03)
石井 清司

商品詳細を見る
06:06  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.02 (Tue)

山崎 [1月の練習日 25]

 J女史が、また、鞄から何かを取り出した。
 ロイズの山崎入りのチョコレートだった。
 美味しかった。洋酒の香りもした。しかし、山崎かどうかはわからなかった。
 余った分はN氏が持ち帰ることになっていたが、会の終盤に全て無くなっていた。

201001091746001.jpg

威風堂々 / シンフォニック・マーチ威風堂々 / シンフォニック・マーチ
(1997/10/08)
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

商品詳細を見る
00:00  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.01 (Mon)

炭 [1月の練習日 24]

 料理の準備が始まった。
 赤くなった炭が置かれる。
 「ホタテとか焼くんだろうね。」と予想。

201001091703000.jpg

 この後、予想通りホタテ、カニなどが置かれていった。
 正面に座った人は、熱さとの戦いだった。

201001091715000.jpg

武満徹:ノヴェンバー・ステップス武満徹:ノヴェンバー・ステップス
(2007/11/07)
小澤征爾

商品詳細を見る
06:05  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
アフィリエイト 消費者金融
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。