FC2ブログ
2008年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2008.12.28 (Sun)

プロムナードⅠ(加賀城 浩光) [ノルディコ14]

 都会の喧噪や慌ただしさ、現代社会の混乱したイメージが浮かんだ。また、都会の中でふと感じる孤独感も表現されていた。

《解説》
 曲は5拍子のリズム及びメロディーによって導かれ展開されていきます。5拍子は普段耳にする事の少ない拍子ですが、流れにのると3拍子や4拍子と同じように自然に聴くことができると思います。本曲はこの5拍子を基本に、スタンダードな拍子との違いによる効果を期待して作曲しました。そもそも本曲で出てくるモチーフは、東京に行った際に時間の流れの速さ感じて作ったものです。都会の時間は期待や不安、喜び悲しみをすべて飲み込んでしまっているようでした。それらを表現したくて音符を並べてみたのがこの作品です。私は曲を書く時はいつも「メッセージのあるものを」と考えています。この作品をお聴きになられた方がいろんなシーンを感じて頂ければ嬉しく思います。(作曲者記)


スピヴァコフのプロムナード・コンサートスピヴァコフのプロムナード・コンサート
(2007/12/22)
スピヴァコフ(ウラディーミル)

商品詳細を見る
スポンサーサイト



00:01  |  マンドリン  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
アフィリエイト 消費者金融